更新情報 商品案内 おもいで 長崎の歴史 展覧会の案内 店主紹介 購入案内
還暦茶会 長崎の産物 リンク集 メール 掲示板 買います 古民芸 道 崎陽

平 戸 焼



平戸焼唐子乗象型香炉



鯉仙人花鳥文水指
鴛型香合


江戸後期

作品としては後にも先にも見たことがない秀品でした。将軍に献上の為に象が来たのは長崎からで、

江戸までの道中それはそれは大騒ぎに!!う〜ん珍しかったんでしょうね(笑)

瀬戸の陶工も見習い、今の言葉で言う瀬戸物と全国に知れるところとなったのは、

平戸焼の素地があったからだと思います。 

追伸 瀬戸に残っている文政元年(1818)に書かれた「染付焼起原」二宮守恒撰によれば、

瀬戸皿山加藤藤吉左衛門の二男である民吉は、文化元年(1804)二月二十二日に瀬戸を出発して、

まず肥後の国天草にある東光寺(曹洞宗)の天中和尚を訪問している。

この地の高浜焼の窯でしばらく働くなかで、天草陶石をつかって焼いた平戸焼きを見たか聞いたのか?

それから同年九月に諏訪祭礼の見物に長崎に来る。

その後は、折尾瀬村(現在の佐世保市三河内地区)薬王寺の雄山和尚の世話で三河内の窯場で働く

十二月に三河内の窯から分かれた佐々の市ノ瀬焼の窯場に行く

長くなるのでこの辺で(長崎のやきものより)

長崎市八幡町7−6
TEL・FAX 095-821-8813

         平戸 水指 平戸 水指平戸 水指平戸 水指 平戸 水指平戸 水指平戸 水指 平戸 水指平戸 水指平戸 水指 平戸 水指平戸 水指平戸 水指 平戸 水指平戸 水指平戸 水指 平戸 水指平戸 水指平戸 水指 平戸 水指平戸 水指平戸 水指 平戸 水指平戸 水指平戸 水指 平戸 水指平戸 水指