トップ おもいで 還暦茶会 店主紹介 買います 購入案内
長崎の歴史 商品案内 展覧会の案内 リンク集 長崎の産物 古民芸 道



万右門作瀬戸肩衝茶入   江戸前期
銘「霜夜」川上不白箱書
 
b11seto-manemon

万右衛門 田面

瀬戸茶入の手分けの一。後窯。

『名物目利聞書』に「萬右衛門 京の人と見えたり、

上作にて唐物を似せて名を世にくだせり、

世上半分は萬右衛門作の唐物なるべし、

されども一日永井信斎老の家臣、

佐川田喜六と唱へし人問給ひし頃、

自分焼物工夫にて、

不似物在しをもらひ来り宗甫見給ひし時、

幸大徳寺の江月和尚同座にて、

いと面白し秋の頃拾ひしとて落穂と名けられしなり。」、

『陶器考』に「万右衛門の茶入に

すぐれたる有て遠州落穂と銘せらる、

万右エ門に名物は是一つなり、

世上に万右エ門か作はすへて落穂と号す、

唐ものを写す、竪へら有て厚作なる方なり、

うす作のものに万右エ門と云来るは呂宋出来なり」、

別府吉兵衛『茶入の次第』に「萬右衛門 唐物摸造」、

『大成陶誌』に「萬右エ門は遠州同時代の人、

石州侯より賜はりし書簡あるにて知るべし、

名物落穂の作あり。

一代にて絶ゆ、

後万右エ門焼と称し柳馬場三條下るにて茶器を売れるありと、

此万工と萬右衛門と同人にあらざるべし」、






落穂手 田面

瀬戸茶入の手分けの一。後窯。万右衛門。

本歌「落穂」。やや青味がかった薄白色の土で、

多くは腰すぼみの肩衝で、腰に竪箆目があり、

薄墨色釉の上に黒釉がムラムラと掛る。

『陶器考』に「万右衛門の茶入にすぐれたる有て遠州落穂と銘せらる、

万右エ門に名物は是一つなり、世上に万右エ門か作はすへて落穂と号す、

唐ものを写す、竪へら有て厚作なる方なり、

うす作のものに万右エ門と云来るは呂宋出来なり」、

『本朝陶器攷證』に「珍説要録に云、淀の城主の家来、

佐川田喜六好みて茶の道をたしなみけるに、

いづこともなき、茶入を求得たり、何とやらんしほらしく覚えければ、

或時遠州公を招請して見せければ、是は万右衛門の作なりと申されけり、

さてさてさやうとは存ぜす廉末に〓、大によろこひけり、

銘を付て給はれとたのみたれば、遠州此茶入はひろひ物なれば、

落穂と名付給ふべしといはれたり、佐川田喜び、

已後落穂とぞいひける、其時の老中堀田相州聞及ばれ、

喜六へ所望いたされけり、佐川田やむ事を得ず、

相州へ参らせけり、ひろ比物なりとて落穂と名付しを、

貰はれしも是非なし、此時天王寺屋慶子所持の茶入、

是に似たるやう也ければ、取よせ見せられしと有し故、

慶子則とりよせ、遠州公に見せたれば、是同やう万右エ門の作なり、

随分大切にいたされよとありければ、

慶子何とそ銘を願ひければ田面と名付給ふ、

慶子長く家に伝へしと云」とある。落穂手には、

落穂、田面、鳥羽田、振鼓などがある。