商品案内 おもいで 還暦茶会 店主紹介 買います 購入案内
長崎の歴史 古民芸 道 展覧会の案内 リンク集 長崎の産物 掲示板


B11 古田 織部(ふるた おりべ)-1 

次へ

(1)
古田 重然(ふるた しげなり / しげてる)は、

戦国時代から安土桃山時代、江戸時代初期にかけての武将、大名。

山城国西ヶ丘藩主。一般的には茶人・古田 織部として有名。

通称は左介。初名は景安。「織部」の名は、

壮年期に従五位下織部正(織部助)の官位を叙任したことに由来。

千利休が大成させた茶道を継承しつつ大胆かつ自由な気風を好み、

茶器製作・建築・造園などにわたって「織部好み」と呼ばれる

一大流行を安土桃山時代にもたらした。
武将・重然 [編集]
(2)
天文13年(1544年)、美濃国本巣郡の山口城主・

古田重安の弟で古田重定

(勘阿弥、還俗し主膳重正と改名したという)の子として生まれ、

後に伯父の養子となったという。

『古田家系図』に重定は「茶道の達人也」

と記されていることから、重然も父の薫陶を受け武将として歩みつつ、

茶人としての強い嗜好性を持って成長したと推測される。

しかし、松屋久重編の「茶道四祖伝書」では佐久間不干斎からの

伝聞として「織部は初めは茶の湯が大嫌いであったが、

中川清秀にそそのかされて上々の数寄者になった」と記されていることや、

重然の名が茶会記に初めて記録されるのが天正11年(1583年)

の重然40歳の時とかなり遅いことから、若い頃は茶の湯に

興味がなかったとする研究者もおり、事実ははっきりしない。

古田家は元々美濃国の守護大名土岐氏に仕えていたが、

永禄9年(1567年)織田信長の美濃進駐と共にその家臣として仕え、

重然は使番をつとめた。
瀬戸織部 菊花紋 二耳花生
 桃山期

クリックしてください

織部向う付













次へ

長崎市八幡町7−6
TEL・FAX 095-821-8813


古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津  古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津 絵唐津 古唐津