商品案内 おもいで 還暦茶会 店主紹介 買います 購入案内
長崎の歴史 古民芸 道 展覧会の案内 リンク集 長崎の産物 掲示板

                        「前野良沢」−1      歴史のページへ


                                  次へ
@
『前野良沢』(まえの りょうたく)

享保8年(1723)〜享和3年(1803)

豊前国中津藩の藩医で蘭学者。

『解体新書』の主幹翻訳者の一人。

良沢は通称。名は熹(よみす)字は子悦。

号は楽山、のちに蘭化。

A
豊前中津藩の藩医で江戸詰藩士

谷口新介の子として江戸で生まれる。

幼少で両親を亡くしたため、

母方の大叔父で淀藩の医者宮田全沢に養われる。

全沢は『医学知津』

という医書を書くほどの博学ですが

「世の中には捨ててしまうと絶えてしまうものがある。

 流行りものはどうでもいいから、

 廃れてしまいそうなものを習い覚えて、

 後の世に残すよう心がけよ」

と教えたという。

その後、全沢の妻の実家で

中津藩の医師前野家の養子となり、

吉益東洞の古医方を学ぶ。

そのかたわら、世に廃れそうな一節切を稽古し

その秘曲を極め、

猿若狂言の稽古に通ったという。

B
明和6年(1769)同じ藩の知人から

オランダ書物の切れ端を見せられ、

国が異なり言葉が違っても

同じ人間だから理解出来ないことはないだろう、

と蘭学を志す。

晩年の青木昆陽に師事した後、

明和7年(1770)藩主の参勤交代の時

中津に下向し、さらに長崎へと留学した。

留学中に手に入れた西洋の解剖書

『ターヘル・アナトミア』を

杉田玄白、中川淳庵、桂川甫周ら盟友と

3年5ヶ月で翻訳し『解体新書』を編纂した。

しかし、解体新書発行当時、

その業績は知られておらず

(発行時に名を出したのは杉田玄白他数名)

その存在が知られるのは

解体新書の翻訳作業の困難を記した杉田玄白の

『蘭東事始(蘭学事始)』を待たねばならなかった。





C
良沢が解体新書に自らの名を出さなかったのは、

その翻訳の不備

(とはいえ、当時の日本の語学水準からすれば、

 その翻訳は奇跡に近い完成度を誇っていた)

を自らがよく解っており、

これを恥として許すことができなかったため

と言われている。

また一説としては、

蘭学に対する幕府の対応が微妙でもあったため、

万が一の際に、

最も蘭語に通ずる良沢に咎が及ぶのを避けるため

前説の訳の不備に対する良沢の気持ちを

杉田が酌み取ったためともされている。

その後、蘭学に対する真摯な姿勢より、

藩主奥平昌鹿より「蘭学の化け物」と賞賛され、

これを誉とし「蘭化」と号する。

寛政の三奇人のひとり高山彦九郎とは親しかった。

娘の嫁ぎ先である幕府医師・小島家に於いて没した。

81歳で亡くなるまでの一生を

オランダ語研究に捧げた。

弟子に司馬江漢、大槻玄沢などがいる。




D
補足〜1


『解體新書』〜1

解体新書は、ドイツ人医師ヨハン・アダム・クルムスの

医学書"Anatomische Tabellen"の

オランダ語訳『ターヘル・アナトミア』を

江戸時代の日本で翻訳した書。

西洋語からの本格的な翻訳書として日本初。

著者は杉田玄白。

安永3年(1774)須原屋市兵衛によって刊行される。

本文4巻、付図1巻。

内容は漢文で書かれている。

 
E
補足〜2

『解體新書』〜2

明和8年(1771)3月4日、

蘭方医の杉田玄白・前野良沢・中川淳庵らは、

小塚原の刑場において

罪人の腑分け(解剖)を見学した。

(この場に桂川甫周がいたとする説もある)

玄白と良沢の2人はオランダ渡りの

解剖学書『ターヘル・アナトミア』を

それぞれ所持していた。

実際の解剖と見比べて

『ターヘル・アナトミア』の正確さに驚嘆し、

玄白は、これを翻訳しようと良沢に提案する。

かねてから蘭書翻訳の志を

抱いていた良沢はこれに賛同。

淳庵も加えて、翌日の3月5日から

前野良沢邸に集まり、翻訳を開始した。

『解体新書』を将軍に推挙したのは、桂川甫三である。
F
補足〜3

『解體新書』〜3

当初、玄白と淳庵はオランダ語を読めず、

オランダ語の知識のある良沢も、

翻訳を行うには不十分な語彙しかなかった。

オランダ語の通詞は長崎にいるので

質問することも難しく、

当然ながら辞書も無かった。

そこで、暗号解読ともいえる方法により、

翻訳作業を進めた。

この様子については

杉田玄白晩年の著書『蘭学事始』に詳しい。

杉田玄白は、この厳しい翻訳の状況を

『櫂や舵の無い船で大海に乗り出したよう』と表した。

安永2年(1773)翻訳の目処がついたので、

世間の反応を確かめるために

『解体約図』を刊行する。

翌、安永3年『解体新書』刊行。
G
補足〜4

『解體新書』〜4

関わった人物〜1

前野良沢は翻訳作業の中心であったが、

著者としての名は『解体新書』に無い。

一説には、良沢が長崎留学の途中で

天満宮に学業成就を祈ったとき、

自分の名前を上げるために勉学するのではない

と約束したので名前を出すのを断ったという。

一説には、訳文が完全なものでないことを

知っていたので、学究肌の良沢は

名前を出すことを潔しとしなかったのだという。

杉田玄白は

「私は多病であり年もとっている。

 いつ死ぬかわからない」と言って、

訳文に不完全なところがあることは知りながら

刊行を急いだ。

(『解体約図』の出版も玄白の意図であり、

 これに対して良沢は不快を示していたと言われている)

しかし彼は、当時としては非常な長命の

85歳まで生きた。






            次へ  歴史のページへ