トップ おもいで 還暦茶会 店主紹介 買います 購入案内
長崎の歴史 商品案内 展覧会の案内 リンク集 長崎の産物 古民芸 道
おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 おひなさま お雛様 
A01

沈 南蘋

(康熙21年(1682年) - ?)は、中国清代の画家。

長崎に2年間弱滞在し写生的な花鳥画の技法を伝えた。

弟子の熊代熊斐らが南蘋派を形成

沈 南蘋
宮廷画家として清朝に使えていたが、

徳川吉宗の施策により徳川幕府から招聘を受け、

享保16年(1731年)12月長崎に弟子の高鈞と高乾を伴い来日、

1733年9月に帰国するまで唐館内に滞在する。

南蘋を選んだ理由は、

幕府の役人が来舶清人から南蘋の名を聴き招いたという。


宋 紫石

(正徳5年(1715年) - 天明6年3月11日(1786年4月9日))は、

江戸時代中期の画家。

沈南蘋の画風を江戸で広め当時の画壇に大きな影響を与えた。江戸の人。






宗紫石   江戸中期

京都国立博物館に貸し出し中
勉強のため

















戻る

松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲 松浦 厚 鸞洲