トップ おもいで 還暦茶会 店主紹介 買います 購入案内
長崎の歴史 商品案内 展覧会の案内 リンク集 長崎の産物 古民芸 道


七五三(しちごさん)とは、

7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事。

天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である

徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)

の健康を祈って始まったとされる説が有力である。




11月15日は、子供成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁より)。

現在では全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であった。

現在は「七五三」という名称から、その年齢にやる同じ行事のように捕らえられ、

そうなりつつあるが、実際には、それぞれの年齢で行う、別々の異なった行事であり、

3つの子供の行事を、「七五三」と呼んだため、本来の神事の内容が薄れ、

同じ行事のように思われている。そのため、現在でも地方によって年齢や祝う内容が異なるが、

発祥とされる関東地方では、以下のように考えられている。

数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、男女とも行う。

江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。

数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男の子が行う。

男子が袴を着用し始める儀。

数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、

女の子が行う。女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。