トップ おもいで 還暦茶会 店主紹介 買います 購入案内
長崎の歴史 商品案内 展覧会の案内 リンク集 長崎の産物 古民芸 道


             

鍋島本藩 

鍋島 深堀藩 

 鍋島の思想(葉隠れの精神)
我が誇り高い先祖 深堀武士  
[池田八次郎]

(1)
昭和5年死去。67歳。

(1864−1930) 明治-昭和時代前期の公共事業家。

明治・大正期の奇人、公益家。水産、煉炭事業などに関与し、

公共事業に貢献。
【掲載事典】 ◎日本人名大事典.

元治(げんじ)元年生まれ。ウラジオストク,

朝鮮,樺太(からふと)(サハリン)にわたり,

明治23年ごろ1400人余の配下を擁したという。

帰国後,郷里での賭博(とばく)をやめさせた。

のち水産,練炭生産などで成功。

長崎ペーロンの発展につくした。

肥前彼杵(そのぎ)郡(長崎県)出身。

(2)
   {(八次朗)深堀〜末石町〜毛井首町

    護岸工事をして埋め立てた。

    池田八次郎、}私の聞き覚え

日本練炭株式曾社 クリック

本社は明治29年の創立にして資本金壱百万円を有し、

営業の目的は熊本県下天草産無煙炭を以って原料

とし練炭を製造するにあり。而して販路は日本帝国

海軍軍用其他廣く各国艦隊の需用に應ず。

(特にロシア艦隊、イギリス艦隊)

其後事業を擴張し明治32年新たに

長崎港外西彼杵郡土井首村に工場を設置す。
(八次郎の故郷)

毛井首町(元土井首中学校)から平瀬町(川南造船の寮)

-江川町のジョイフルサンの所まで
           線路が引いてあった、



明治四十年十月十九日  印刷

明治四十年十月二十一日 発行



長崎縣紀要


第二回関西九州府縣聯合水産共進会
長 崎 縣 協 賛 會



   東京市日本橋区数奇屋町一番地

 印刷者  田 山 宗 尭


其面積は一万六千五百坪にして機械は

佛國最新湿潤壓搾式の機械を備へ十時間百七十噸の

製造力を有せり、尚晝夜業を執るときは二百五拾噸を

製造し得べく、故に一ヶ年の製造力は五萬噸以上七萬

なりとす壓搾機は角型練炭製造のもの一臺、丸型製造

のもの一臺にして角型練炭は専ら軍艦燃料に供し、

丸型練炭は水雷艇用に供せり。

原料産出地としては熊本懸下天草に於いて鑛山九ヶ所

其面積弐百五拾萬坪の鑛區を有せり。

而して天草に志岐炭業部、新山鑛業所、浦越鑛業所、

茂串鑛業所、権現山鑛所、

五ヶ所を置いて専ら練炭原料の無煙炭を採掘せり。

職工工夫八拾人内外、労働人夫二百五拾人内外は日々

業務に従事しつつあり。

徳川 大樹 写


(3)
私が謎におもう、

その(1) 日本帝国海軍軍用其他廣く各国艦隊の
     
     需用に應ず。

     英国帝国艦隊、仏蘭西帝国艦隊、

     露西亜帝国艦隊、阿蘭陀帝国艦隊、、他

     子供の頃聞いたのは練炭を佐世保海軍に

     運んだこと。



その(2) 元治(げんじ)元年生まれ。ウラジオストク,

      朝鮮,樺太(からふと)(サハリン)にわたり,

      明治23年ごろ1400人余の配下を擁したという。
          (身内も知らない)

                         徳川 大樹 写
(4)
川南造船の謎
(1)ロシア船の受注

(2)日本帝国海軍からの受注

(3)大洋造船と川南造船から林兼造船の関係

 私たち地元の人には、大洋造船の

 記憶があるのに一般には記録がない。

川南造船倒産から大洋造船に変わった。

 それから大洋造船で何があったのか、

 八次朗の息子(俊シャン)と

 ヤクザノ住田さんが関る、池田の財産は吹き飛ぶ。

 住田さんより27歳の頃聞いた。

 池田八次郎と徳富蘇峰の関係


  今まで調べて私が思うにすべてが八次朗の考えで?

  川南豊作、他を動かした。

                         徳川 大樹 写

(5)
私の記憶、(父より子供の頃に聞いた)

源田実、磯道町334番地、に住んでいた。

笹川 良一(最後の宗谷の持ち主)

児玉 誉士夫-土井の首にいた。

福田清人さん本家の隣に住んでいた父と付合いがあった

亡くなるまで手紙がきていた。
(6)
西岡 竹次郎を県知事にする。

磯道町から江川町までの主要道路を作った。

私の推理

 徳富蘇峰 長崎にお忍びで何回来たのかな?

 池田八次郎-川南豊作-岸 信介 池田勇人 佐藤 栄作 (後総理大臣)

 池田八次郎-長崎県知事に西岡 竹次郎を推薦

 大洋造船〜林兼造船?(前の野牛島)

 長崎とロシアの関係は深い(江戸時代より)

 日清,日露戦争〜第二次世界大戦


 国は何を考えたのか、長崎はその昔からグラバーの
 
 死の武器商人、それに坂本竜馬、小曾根乾堂、
 
 岩崎弥太郎、不思議なものよの〜〜


                         徳川 大樹 写

第二回関西九州府懸聯合水産共進曾名誉曾員竝役員諸君肖像

                    対馬宗重望公 大村純雄公 平戸松浦詮公
                                       池田八次郎

長崎陶器株式会社

                                                        

日本練炭株式曾社

本社は明治29年の創立にして資本金壱百万円を有し、

営業の目的は熊本県下天草産無煙炭を以って原料

とし練炭を製造するにあり。而して販路は日本帝国

海軍軍用其他廣く各国艦隊の需用に應ず。

創立当初は天草郡崎津港に於て乾燥壓搾機械を用い

製造したりしも其後事業を擴張し明治32年新たに

長崎港外西彼杵郡土井首村に工場を設置す。

其面積は一万六千五百坪にして機械は

佛國最新湿潤壓搾式の機械を備へ十時間百七十噸の

製造力を有せり、尚晝夜業を執るときは二百五拾噸を

製造し得べく、故に一ヶ年の製造力は五萬噸以上七萬

なりとす壓搾機は角型練炭製造のもの一臺、丸型製造

のもの一臺にして角型練炭は専ら軍艦燃料に供し、

丸型練炭は水雷艇用に供せり。

原料産出地としては熊本懸下天草に於いて鑛山九ヶ所

其面積弐百五拾萬坪の鑛區を有せり。

而して天草に志岐炭業部、新山鑛業所、浦越鑛業所、

茂串鑛業所、権現山鑛所、

五ヶ所を置いて専ら練炭原料の無煙炭を採掘せり。

職工工夫八拾人内外、労働人夫二百五拾人内外は日々

業務に従事しつつあり。
[私の覚書]

私が子供の頃から、お祝い事で親父の従兄弟叔父さん

酔っ払うと、必ず世が世ならばと言いながら、

刀をさす身振りをしながら自慢していた。

私も心ひそかに、プライドが芽生えました。

八次朗叔父さんも、大きなプライドを持ったと思います。

高校時代には私は、三河の生まれの徳川家康、豊臣秀吉

ましてや自分は、

家康の菩提寺(大樹寺)の名前を岡崎市長と

親父が勤めていた、愛知県岡崎で航空会社の

社長小川格さんが、ナズケ親それもプライドの一つです。

親父は飛行機、戦車の設計をしていた。

昔小川格さんと、嵐勘十郎、日本の航空で共演、

私に出来ることは、文化の継承古きを尋ね新しきを知る

美術博物館に20数年、収めさせてもらっています。

日本国家は文化の源である仏教美術に力を注いで

欲しいものです。近年、地方のお寺、

他の文化財が盗難にあっています。

わが国も文化財の保護、税の見直し文化財には税の免除、

美術博物館等の無料化等いかがでしょうか。

                   徳川大樹

       

クーデター クーデター 政府転覆 政府転覆 クーデター クーデター 政府転覆 政府転覆 クーデター クーデター 政府転覆 政府転覆 クーデター クーデター 政府転覆 政府転覆 クーデター クーデター 政府転覆 政府転覆 クーデター クーデター 政府転覆 政府転覆